エンジニアリングレポート・遵法性調査・耐震診断、増築・改修の建築確認は、J建築検査センター(JAIC)へ

西日本-検査申請時の指定様式

中間検査・完了検査の申請時に、各建設地の特定行政庁の細則等により提出書類を定めている場合があります。申請書類とあわせて提出いただけるようお願いいたします。

大阪府・兵庫県の様式につきましては、各行政のHPに様式がありますが、弊社で同様式をご用意しておりますので下記【建設地】の取扱いをご確認ください。                                     

大阪府・兵庫県以外の様式につきましては、各行政のHPより様式をダウンロードし提出をお願いいたします。

 

中間検査・完了検査時必要書類

■大阪府内

 工事監理報告書その他大阪府内建築行政連絡協議会(大連協)で定められた書類の提出が必要です。

 ・中間検査・完了検査申請時に、下記書類を提出してください。

  (1)工事監理報告書

  (2)建築設備工事監理報告書(簡易版は戸建て住宅のみの様式です)
     ※完了検査時のみ提出してください

  (3)鉄骨工事施工状況報告書
     (S・SRC造の場合、階数・面積に関わらず提出してください)
     ※中間検査(建方工事)申請時と完了検査申請時に提出してください

  (4)コンクリート工事施工(計画・結果)報告書、 コンクリート打込み(計画・結果)表
     (RC・SRC造:階数3以上又は延床面積500㎡超の場合に提出してください) 
     ※コンクリート工事施工計画報告書はコンクリート工事着工前に、コンクリート工事施工結果報告書は中間検査申請時又は完了検査申請時に提出してください

  (5)昇降機に関する施工状況報告書 
     ※昇降機の完了検査申請特に提出してください

  (6)省エネ基準工事監理報告書   
      ※省エネ適合性判定該当物件の完了検査時に提出してください

 

■兵庫県内

 (1)(2)に該当する場合、下記書類を提出してください

  (1)RC造又はSRC造の建築物で階数が3以上又は延床面積が500㎡を超えるもの 
  (2)RC造の擁壁で高さが5mを超えるもの

 ・建築確認申請時又はコンクリート工事着手前に「コンクリート工事施工計画書」を提出してください。

 ・中間検査申請時及び完了検査申請時に「コンクリート工事監理報告書」を提出してください。
   (中間検査が不要なコンクリート工事については、完了検査時に提出してください)

 

■滋賀県

 ・中間検査申請時に下記書類を提出してください。
  ※法第6条第1項第四号の木造建築物で、延床面積50㎡を超える専用住宅(併用住宅及び長屋住宅)が対象です

  (1)筋かいの位置および種類ならびに通し柱の位置を明示した図書

     (2)土台、柱、はり、筋かいその他これらに類する部材およびそれらの接合方法を明示した図書

        (3)政令第46条第4項に規定する数値および同項の国土交通大臣が定める基準に従った計算の結果ならびにそれらの算出方法を記載した書類

 ・完了検査申請時に「し尿浄化槽工事完了調書」、浸水警戒区域内において「工程調査適合証」 (いずれも該当する場合のみ)

 

■滋賀県草津市

    ・中間検査申請時に、「中間検査チェックシート」を提出してください。

    ・完了検査申請時に「し尿浄化槽工事完了調書」、法第28条の2第3号の規定に該当する居室のある建築物については、「使用建築材料表」 (いずれも該当する場合のみ)

 

■三重県・鈴鹿市・津市

 ・中間検査申請時に、「工事監理報告書」を提出してください。

 

■広島市

 ・完了検査申請時に下記書類を提出してください。

  (1)「鉄骨工事施工状況報告書」
    (i )S造及びSRC造で3以上の階数を有し、又は延床面積が500㎡以上のもの
    (ⅱ)スパンが15mを超えるもの 
が対象です

  (2)「コンクリート工事施工結果報告書」
    (RC造及びSRC造で3以上の階数を有し、かつ、延床面積が500㎡以上のものが対象です)

 

■福山市

 ・完了検査申請時に下記書類を提出してください。

  (1)鉄骨工事施工状況報告書 
   (S造又はSRC造で、3以上の階数を有し、又は延床面積が500㎡以上の建築物が対象です)

  (2)コンクリート工事施工結果報告書 
    (RC造又はSRC造で、3以上の階数を有し、又は延床面積が500㎡以上の建築物が対象です)

 

■呉市

 ・完了検査申請時に下記書類を提出してください。

  (1)鉄骨工事施工状況報告書 
    (S造又はSRC造で3以上の階数を有し、又は延床面積が 500 ㎡を超える建築物が対象です)

  (2)コンクリート工事施工結果報告書
    (RC造又はSRC造で3以上の階数を有し、又は延床面積が 500 ㎡を超える建築物が対象です)

 

■広島県 (広島市、福山市、呉市、尾道市、三原市、東広島市、廿日市市を除く)

  ・令和3年1月1日以降の確認申請受付分より、一定規模以上の建築物に対し中間検査及び完了検査申請時に 工事監理状況報告書等の提出が義務付けされます。
■石川県(金沢市、七尾市、白山市、野々市市を除く)、石川県小松市

 ・完了検査申請時に工事監理結果報告書を提出してください。

 

西日本-確認申請(計画変更)の指定様式はこちら

【書類ダウンロード】を開く